スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
遠くへ
はぁぁぁぁぁぁぁぁ。
遠くへ行きたいなぁぁぁぁぁぁぁ。
スポンサーサイト
【2007/04/30 22:10】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャープさん
うちでは、1階の居間に電話があり、2階にコードレスの子機が置いてある。
私はほとんどの時間を2階で過ごすので、義父母がいない時間帯に電話がくると、私が出るのだけれど(9割5分義父母への電話です)、最近、2階の子機に着信しなくなっていた。
「あ、電話だ。」と思って、それまでやっていた事の手を止め、炊事なら手を洗ったり拭いたりして、子機の所までいくと、着信してなくて、「あれー?」といいながら1階に行こうとすると、子どもたちも「一緒に行く~。」となって、でも、特に上の子は、それまで遊んでいた手を止めて階段にたどり着くまで時間があって、「先に行っちゃダメ~!」というので待っていると、結局階段を途中まで下りたところで呼び出しが止まる、ということが、ずっと続いているのだ。

1階に下りたら下りたで、子どもたちが1階のおもちゃで遊び始め、下の子はまだそれなりに監視していないと危ないので、私も1階に留まらなくてはならず、家事ができない!ということも多いので、なるべく下りたくない、というのもあって、この子機の状態をどうにかしたくて仕方なかった。
説明書を見ても、サイトを見ても、これ、というのが見つからず。
発信は普通にできるのに、着信しないって!?

行き詰まって、シャープに問い合わせた。
早めに解決したいけれど、まあ、ゴールデンウィークは義姉家族が遊びに来たりして、私も1階に居る事も多いので、解答は、ゴールデンウィーク明けでいいや、と電話ではなくメールでの問い合わせにした。

ホームページにも、しっかり、28日以降のメールでの問い合わせは、お返事は5月7日以降順次、と書かれていたので、そのつもりでいた。
…らなんと、午後には電話がきて、コレをやってみてください、あれをやってみてください、それでダメなら、修理に出してください、などとの回答を頂いた。

ビックリしたけれど、早い回答は印象が良くなるね。
スバラシイ。
【2007/04/28 15:13】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
若者の…
ワイドショーで、最近の新入社員が、先輩、上司にも、取引先にもタメ口をきく、挨拶できない、のだという話題を放送していたのを見た。

そういった、言葉遣いや、挨拶の仕方、会釈の仕方、名刺の渡し方…のような新人研修をする会社の人が、「ここ7~8年とても増えてきている。」とおっしゃっていた。

確かに、親の躾や社会全体の風潮のせいもあるだろう。
でも、私は、この番組内では一言も話題にならなかったんだけど、これって、PHSや携帯電話の影響が一番大きいんじゃないか?と思った。

わたしたち世代は、社会人になる頃に、PHSが発売され、携帯も小さく、安くなってきて、手軽に移動通信手段を持てるようになった。
少なくとも学生時代までは、通信手段は固定電話。
ポケベルも流行ったけれど、今のメールとはまた違っていたように思うし、私と同年代では、それほどポケベルを持っている人は居なかった。

友だちと電話で話すためには、ほとんどの場合、まず家族(親が多いかな)と挨拶し、友人を電話口まで呼んでもらえるよう、また、留守なら伝言をしてもらえるよう、依頼しなくてはならなかった。
目上の人との会話が必要になっていた。

携帯だと、そういうことが一切ないからね。
煩わしさは無いけれど、学ぶ場面もなくなっているんだよね…。
【2007/04/25 13:52】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
よるって
娘に、幼稚園のお弁当の日はいつかと聞かれ、
「あさってだよ。」
と答えたら、

「じゃあ、よるってはいつ?」

って聞かれました。

はははは!
確かにね、娘には、あさって→朝ってに思えるんだろうなあ。
「そうだね~、よるって、なるほどね~。」
ってしか返せなかった。
機転の利かない母だっ!
質問の答えにもなってないし…。

おもしろい。
【2007/04/24 18:11】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
"意外"にうれしい!
音楽が趣味だったわたしたち夫婦。
もう聴かないだろうCDがた~くさんあったのだけれど、このたび大量処分を決定。
何枚あったか分からないけど…100枚はなかったかな、というくらいと、アマゾンマーケットプレイスに出しても売れなかったか、すでに中古が激安で何冊も出ている本を10冊くらい持って、ブックオフへ。

かなり以前に、本とCDを、今回ほどではないけれど多めに出したことがあり、リサイクルショップ同様、買い取り価格は二束三文(しかも半分くらいは買い取れませんと言われた)だった記憶があるので、今回も、こんなに大量でも、まあ1000円行けばいいかなあと思っていたのだ。
で、子どもたちも連れて行き、絵本でも買って、売ったお金で払って来られれば、タダで絵本をもらってきたと思えるわ~と思っていた。

査定中、絵本コーナーで絵本を見る。
娘の好きなセーラームーンのテレビ絵本が3冊あった。(すべて200円)
セーラームーンはもう普通には売ってないし、オークションでもそれなりの値段になることが多いので、買っちゃえ買っちゃえ!と選び、息子はもちろん数冊あった電車の本を片っ端から取っては読み取っては読みしていて、その中から良さそうなのを私が1冊(こちらは100円)選んだ。

…で、査定終了。
なんと、意外、査定額7500円!!
絵本を買った分引いて、約6900円得しました。
いや~うれしいうれしい!
その後、ディスカウント&ドラッグストアに、本日の特売品買いに行ったんですが、予定にないおやつも結構買っちゃいました(^-^;

ま、勢いで買ってもちまちま食べさせますが。

この勢いに乗って、「とりあえずキープ!」と残したCD、DVDも…?
いや、それはやりすぎですな…。
【2007/04/21 15:56】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドラマ
4月から、テレビ番組が変わり、ドラマも新しくなった。
一通り始まったみたいだけれど、私が1回目を見たのが、

楽しみにしていた「時効警察」
たまたま見た予告がおもしろそうだった「星空ホスピタル」
CMでぐぐっと惹かれた「セクシーボイスアンドロボ」
菅野美穂が久しぶりにドラマに出るし、設定がおもしろそうだった「わたしたちの教科書」

の4本。
「時効警察」、は、期待を裏切らないおもしろさ!でした。
ドラマのパート2って、「あれ?」って思ってしまうことが結構ある私ですが、これはおもしろかった。

「星空ホスピタル」、は、う~ん、あんまりおもしろくなかった。。。
残念。

「セクシーボイスアンドロボ」、なかなかおもしろいです。
マンガ原作らしい感じが何とも好きです。

「わたしたちの教科書」、展開気になる~とはおもいつつも、2回目を録り損ね、録り損ねたことがそんなにくやしくなかった…ということは、まあ起きていることがあればまた見るかな~、という感じ。

…ということで、4月からのドラマは、「時効警察」と、「セクシーボイス~」の2本を見ることに決定。

実は、もう一本見たいのがある。
それは、TBSなので、こちらでは見られないからあきらめてるけれど、
「特急田中3号」
です。
我が家の「鉄道ファン」も一緒に見られるわ~と思って。
あらすじとかは全然わかんないけど…。
【2007/04/21 14:19】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分は…
こういう言葉を聞きました。

人間には2つの種類がある
「できない理由を探す人」と「できる方法を考える人」

自分はどっちだろう…としばし考えてみると、

自分一人の力で解決できるようなことに関しては、「できる方法を考える人」、他人が関わってきてしまう事に関しては、「できない理由を探す人」

だな~。
…って、3種類めじゃん!!

同居していなければ、とっとと解決しているようなことが、同居しているがために、どんどんやり残されていることがた~くさんある。

仕事再開したいってことも、義父母には実はまだ言えてない…。
孫命なところがあるから、幼稚園の迎えを頼んだら、喜んでやってくれるだろうけれど、今まで年3回は行っていた平日旅行にも行かなくなるだろうし、毎日のように行っている日帰り温泉にも行きづらくなるだろう。
かといって、2人とも保育園に…と言えば、また数年前のようにダメだしされるだろうし。
要は、私が家にいればいいこと、なのだけれど、家にいると、しょっちゅう義祖父に呼び出されて、買い物を言いつけられたり(時間があるときでいいよ、とか、ついででいいよ、とは言われるけれど、その通りにすると、催促や嫌みが…。)、愚痴聞きに時間割かなくちゃいけなくなっちゃうからなあ…。

…って調子で、求職活動できない理由(言い訳?)が探さなくても次々出ます。

これが同居じゃなかったら、去年の4月の時点で2人とも保育園に預けて、とっとと求職活動してますよ、ハイ。
(去年(正確には、一昨年の秋ですが)も同じ事で悩んでました、ハイ。)

男性に同居のたいへんさを分かってもらうための例えは、
「上司と机を共にするのと一緒」
だそうで、まさにその通り!!!と思います。
あれ?
タイトルと締めが合ってないような。。。
【2007/04/20 13:38】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2階洪水、1階雨漏り…
朝、昨日の夜の食器を洗うべく、食洗機のスイッチをスタート。
そして、お弁当箱にご飯を詰めて冷まし、トイレ掃除へ。
夫も子どももまだ寝ているので、トイレの戸を閉め切り、掃除に没頭。
便器さんの後ろから床から、スリッパの裏から拭きまくり、トイレから出ると、何か水の滴る音。。。
ドキッとして、キッチンへ行くと、普段シンクに垂らしてある食洗機の排水ホースが横にそれ、シンクの外に出ている…。

すすぎ進行中…ということは、洗いとすすぎの1回分くらいの水は流れ出てしまったようだ…。
ほとんどキッチンマットが吸っていて、雑巾で拭いた。
ショックだったけれど、まあ、それ程の被害でもなかったかも…全部の行程、標準コースで10リットルくらい使う水。少量コースだから、それよりも少なめ、すすぎがまだ終わってないから、5リットルくらいこぼれたのかな…と、思っていたら、下から、義父の声
「上で水漏れてないか~!!!」

がーん!下にまで行ってしまったか…。
真下の和室と廊下に、さながら雨漏り状態でしたたる水…。
4ヶ所くらい、洗面器など置いて片づけたけれど…。
せっかく4時半に起き出したのに、このせいで、結局あわただしい朝となってしまった。。

実は、おととい、米のとぎ汁を1回分、バケツに入れて、後で床を拭くのに使おうと思って置いておいたらみごとに息子にひっくり返されたのだけれど、その時も少し1階に漏っていたそう…。

ご迷惑をおかけしました…。

が、ここに住んでなかったらこんなことにはなってないぞ!
…と、責任転嫁…?

もう2度とたくさんの水はこぼせない…。

ううううう引っ越したい…。

※ご存じ無い方のために補足。
うちは、夫の両親と同居ですが、2階にミニキッチンがついていて、食事のみ別にしております。
【2007/04/19 11:44】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ストレス解消に…
以前よくやってたストレス解消法。
久しぶりにやってみました。

それは、賃貸住宅情報で、よさげな物件を見つけて、引っ越したらここにこれを置いて、ここでこれをやって…という妄想!

前は、雑誌を買ってやっていたけれど、今日はネットで検索して。

スッキリするんだよね、なんでか。

ま、このスッキリも一瞬なんだけど…。
【2007/04/18 22:01】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
同居のたいへんさ
夫の職場のすぐ側に、私の高校時代の友人の旦那さんのご実家がある。
「○ちゃんの旦那さんの実家の敷地内に、新しい家が建っているよ。もともとある家はそのまんまだけど、できたら○ちゃんたちも同居して、今までの家は壊すのかな?」
と夫が言った。
現在は同じ市内に、旦那さんと娘さんと3人でアパート暮らししているその友人が、だいぶ前に、
「完全同居は、どんなにできた人でもタイヘンなものだから、私にはムリ。だから、ダンナの実家の敷地内に、家を建て(て別居す)るつもり。」
と言っていたので、
「○ちゃんたちの家だよ。同居はタイヘンだから、私にはムリだから、敷地内に別宅建てる、っていってたから。」
と返すと、
「そうか、確かに、そんなに大きい家ではない感じだな。」
と夫。
すかさず、
「○ちゃん家(実家)、同居でお母さんが苦労するの見てたから、同居はムリだと思ったんじゃない?」
と、同居はたいへんなんだよアピールをしてみたら、
「そうか、○ちゃんちは、会社経営しててお父さん社長だしな、そういう家柄だと、タイヘンそうだもんな。」
と返されました。

…そういう家柄じゃない家の嫁である私は、そんなにタイヘンじゃないって、思われてるんだな、やっぱり。

もっと愚痴ってアピールすべきか、今のまま、同居の愚痴は100分の1以下に抑えて、過ごすべきか…。
今の状態のまま、この先何十年と過ごしていったら、熟年離婚間違いない、と自分で思う。
でも、子どもは成長する。
同居における、子どもに関するストレスは、きっと減っていくのだろうし、家族の編成も変わっていくものだから、今と同じ状況が何十年続くということは絶対ないけれどね。


あ、ちなみに、○ちゃん、は、私なんか比べものにならないくらいできた人です。頭脳も、運動神経も、もちろん、性格も。
【2007/04/16 18:53】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ああ、、、疲れる…
下の子がジジババの所に行きたいというので、下に連れて行った。
上の子は2階にいるし、私もやりたいことがあるので、義母に下の子を預けて2階にもどったが、そのうち下の子が何か自分のやりたいようにできなくてかんしゃくをおこし始めた。

こういうとき、どうしたらいいのか、で悩む。
迎えに行って、なだめるべきか、このまま義母に任せるべきか。
明らかに義母は大嫌いな子どもの泣き声、ぐずり声を聞いてイライラしているしゃべり方をしている。
でも、こういう場面で2階から下りたとき、義母が私の姿を確認すると、子どもから私が見えないように、そそくさと別の部屋へ子どもを連れて行ってしまうということが、上の子の時から数えて過去何十回もあった(私は階段下か居間でポツンと取り残される。)ため、義母としては、任せて欲しいと思っているんじゃないかと思うと、下りて行けない。
でも、すごくイライラしている義母の声を聞くと、いつもは任せてと思って私から遠ざけていても、今は「親なんだから早く来いよ」と思われているんじゃないかと思うと行かない自分が悪いような気がして、、、、。

呼ばれたら行くのが義母の意向に一番沿っているのかと思って、そうしているのだけれど、本当にそれでいいんだろうか…。
もう、どうしたらいいのか分からなくなる。

自分がやりたいようにやればいいんだろうけれど、、、。
つくづく、私って同居に向いてない…。
【2007/04/15 09:52】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近の生活時間
ここ1週間くらい、夜は子どもたちと一緒に寝てしまう。
で、朝5時前くらいに目が覚め、今までは目が覚めても布団から出られずすぐ二度寝してしまっていたのが、スッキリ目覚め、二度寝しない。

なので、朝にいろいろできていたのだが、今日は息子が一緒に起きてしまった…そしたら、娘も一緒に起きてしまい、何もできなかった…。
昨日から始まった時効警察の録画を見ようと思ったのに…。

その分夜早々と寝てくれればいいのだけれど、最近、夜おじいちゃんとおばあちゃんの部屋でかくれんぼしたり、家中追いかけっこしたりするのが楽しいみたいで、余韻を引きずってしまうためかなかなかサッとは寝てくれないんだよね。

子どもにとっては早寝早起き、いいんだけど、ちょっとがっかり…。
【2007/04/14 10:03】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何度目の挑戦か…
私は、植物を枯らす天才だ。
今まで、何度か鉢植えを買ったり、苗を買って、寄せ植え風にしたりしたことがあったが、すべて短期間のうちに枯らしてしまうのだ。
(あ、でも切り花は結構長持ちさせるかも)
また100円ショップで買った、種と土と植木鉢がセットになったものなど、種から植えるものは、芽、いや、雑草すら出したことがない。
小学1年生の理科でやる(今もやるかは分からないけど)、アサガオすら芽生えさせられる自信がない。
原因は、水やり忘れ、水のやりすぎ、環境が合ってない、など、色々あるんだろうけれど、どれが悪いかすら分からない…。

そんな私が、また、植物に手を出した。
今度は、失敗が少ないと言われている、ハイドロカルチャー。
さて、今度はどのくらいもつか…いや、長持ちさせてみせるよ~!!

1.jpg

2.jpg

【2007/04/11 10:11】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
野外活動2
今日も鉄道マニアの野外活動へ。

が、今日は雨上がり。
なのに普通の布製ズックで行かせた私が悪いんだけど、水たまりを見つけると突っ込んでいき、真ん中でジャンプ。

20070410154617.jpg


20070410154710.jpg


濡れたら気持ち悪がって止めるかと思いきや、そんな素振りはみじんもなく、最後はズボンのももの部分までびしょぬれになって帰ってきた(強制的に)。

そんな息子を見て、の私の感想。

前世は水鳥…?
【2007/04/10 23:46】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
重い腰…
自分で設定した「時」が近づいてきている。
息子が2歳になったら、求職活動再開、仕事再開、の「時」。

本当は1歳代でと思っていたけれど、幼稚園の役員になってしまい、途中から仕事して役員の仕事に出られないのは迷惑がかかるしな、とあきらめた。
そして、2歳になれば、幼稚園でも預かってくれるようになる。

が、本当のことを言えば、2人とも保育園に行かせたい。
それで、夕方、仕事が終わってから"私が"迎えに行きたいのだ。
なぜなら、娘が1歳から1年間通った保育園時代、まず、義父母に保育園に入園させることを反対され、説得して入園させても、早め(4時前)に迎えに行き、保育園でおやつを食べてきているのに、自宅に戻っておやつ、ジュースをまた与え(私は現場にはいないが、残骸をみれば分かる。)、世間一般とは違う意味で育児ノイローゼになりそうだった時期があり、でも、お迎え時間には私(遠距離通勤で、定時に帰っても19時過ぎだった)も夫も帰宅することは不可能なので、そこは頼らなくてはならず、文句は言いづらい。
「食べさせないで」
とお願いしても、
「そんなに食べさせてない」(価値観の違い。義母にとっては少量でも、親にとっては十分気になる量。)
と言われて終わりだし、これなら食べさせてもマシ、と思えるもの(紙パックの麦茶、ベビー用菓子)を、預けても、それは手を付けず、義母が食べさせたいと勝手に買ってきたもの(スナック菓子、チョコレート、飴、ハイチュウのようなもの、ジュース)を与える、といった感じだったのだ。

もし2人とも幼稚園に預けて私がフルタイムで働くと、幼稚園は2時までだから、お迎えには行けず、私が帰るまでの3~4時間は、義母に頼らなくてはいけなくなり、また同じ状況になるということが容易に予想できるのだ。

でも、せっかく慣れた幼稚園を変わるのは、社交的でない娘としてはかなりのストレスだろうし、娘を幼稚園、息子を保育園、と分けてしまうと、行事がダブルになってしまい、仕事を休まなくてはならない日が増えてしまう。

どうしよう~!
仕事うんぬんより、まずここから悩まなくてはならない…。

在宅で、幼稚園+子どもが寝ている時間だけ、として少し始めてみるのもいいのか…。
う~ん、でも、やっぱり外に出たい…。

…色々考えて、やはり、義父母がいいと言ってくれたら、2人とも幼稚園、というのが子どもにとっては一番いいように思う。
なぜなら、私が仕事をしたいのは、私が働きたい、と思っていることだけが理由。
私が働かなくても、経済的には何も困っていない。
ということは子どもたちにとって、いや、子どもだけでなく、私以外の家族全員にとって、私が働くというのは、私のわがまま以外の何ものでもないのだから。
「2人とも保育園」、の案は、自分が働きたいというエゴをかなえ、かつ、義母に預けたくないというエゴもかなえ、子どもにはストレスしか与えない、という、これ以上ない「自分本位」なことになってしまうだろう。


ここに住むまでは、「自分が働く」ということが、とても自然なことだったけれど、ここに住んで、色々結婚とは?家族とは?母親とは?と、考えすぎるくらい考えたら、私が働くことは、ずいぶん不自然なことになってしまったような気がする。

女性は、結婚、出産で状況ががらっと変わると言われているけれど(実際そうだけれど)、私にとってはそのふたつよりも、「同居」がかなり大きかったなぁ…。
【2007/04/09 14:16】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夫の仕事
夫の帰りは毎日8時以降。
7時台だと早いし、9時過ぎになることもしょっちゅう。

昨年度、遅くなると、言い訳するが、たいてい人の仕事をやっている。
本来の内容以外にももちろん仕事はあって、きちんと係分けされている。
夫が得意な分野の一つの係を1年やった後、他の分野のほうに空きができてしまい、その空きに、夫がまわされ、もともとの係からは外れた。
が、その係に夫の後になった人が、
「わかんないから~。」
と、仕事を投げるのだ。
でも、投げておくわけにはもちろんいかないから、わかる夫がそれもやる。

わかんない、と投げてしまうくらいだから、分かるように自分で自主学習するわけもなく、その人に係を遂行してもらいたかったら、夫がマニュアルを作り、しばらくはつきっきりになってその人に教え込まなくてはならない状況になる。
そうすると、時間が拘束されてしまい、自分の新しい係の仕事ができなくなってしまうし、教えたりマニュアルを作成するよりは、自分でやってしまった方が早いから、とやってしまう。
この繰り返し。

夫の職場では、もうこういう状況が歴史となって刻み込まれているので、「雑用は若い人に」が当たり前の状況になっているし、本業は、その人たちもそれなりにきちんとやっているので、お咎めもないのだろう。

昔は、どんどん新しい人が入ってきて、雑用人数はそれなりに確保できたのだろうが、最近は、募集採用人数なんて、ほんの少し。
30過ぎた夫より下の人がいないこともあった。
若い人はどんどん減るのに、減らない雑用…。
残業手当も無い職種。

そして取り残される家族…。

今年度、夫は必要経費(職場からの手当なんてスズメの涙なため、ほぼ家計からの出費。)増、拘束時間増(土日祝も多分ほぼ出なくてはいけない)の係になりました。
はぁ…。
【2007/04/08 14:06】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
野外活動
鉄道ファンの野外活動。
近くの駅の側まで行って、電車を鑑賞。


踏切の警報機が鳴ると、猛ダッシュ!

dash.jpg


至近距離で見られます。

kamo.jpg

【2007/04/07 15:04】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウォッカ
先日書いた通り、スーパーのお酒コーナー、地域のお酒のディスカウントショップなど、行ってみたのですが、ウォッカの小さいのって、置いてない…。
そんなに人気のないお酒だからなのか、少量買っても仕方のない飲み方をするお酒なのか、それとも県民性から少量のものは売れないのか…。

普段全然お酒飲まず、興味もない私にはワカリマセンデス。

まあ、地域外へのお出かけしたときにでも、あちこち覗いてみようとは思うが…1000円だせば済む話だけどね。
【2007/04/06 14:57】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
幼稚園始業
始まるときは長い長いと思ってた春休みもあっという間に終わり、幼稚園が始まった。
長いとおもってすっかり油断してしまったため、春休み中にやる予定だった、歯の検診&クリーニングも、車の点検&オイル交換もやらなかった…。
【2007/04/05 12:20】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おもり2
昨日のブログを書いていて、またひとつ書こうとおもったので、同タイトルで一つ。

洗濯のこと。

うちは、義父母が起きたら、すぐに洗濯機を回す。
起きる時間が、4時~7時(夏は4時、冬は7時。日の出と共に起きる、という感じ。だけど、冬でも5時に起きているときもある…。)とまちまちなので、朝早起きして、義父母が起きる前に終わらせる、というのは、できない。
でも、義母が洗濯終わるのをまってから洗濯を始めたら、午前中どこにも行けない、ということになる。

実は、うちには洗濯機が2台ある。
義父母用と、義祖父用。
だから最初は、義母が洗濯している最中に、義祖父用の洗濯機が空いてたら、そちらでやっていた。
が、それを知った義母が
「そっちは汚いから、こっちが空くの待ちなさい。」
でも、洗濯機が誰と一緒でも、私は気にしないし、洗濯機自体、義祖父用の方が新しいし…と、
「ああ、でも、気にしないですから…。」
と、その日はそのまま洗濯した。
そして、後日、何度か同様にしていたら、やっぱりその都度言われるのだ。
あまり何度も言われるので、なんだか嫁が姑に逆らっているような感じになっている気がして、午前中の外出をあきらめて洗濯するか、午後にしたり、夜にしたり、、、。
そうこうしてるうち、義祖父からは「俺の洗濯機の方が大きいから(実際は小さいです)、こっち使え。」って言われ始め…。
もう、みんないない時間か、寝てからしか洗濯したくなくなりました…。

自由な時間に洗濯したーい!
理想は、起きてすぐ洗濯機を回し始めて、朝食の準備して、朝食を食べる前に干すか、朝食後にすぐ干す、なんだけど…。

嫁なんだから、義父母、義祖父の分も、家族の分全部洗濯するべき、というのが常識なのか…?
【2007/04/04 09:25】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
おもり
今日は天気が良かったので、子どもたちと散歩に行こうと玄関で支度をしていると、

義母「あれ?どこ行くの?」
娘「おさんぽ~。」
義母「え~?どこに?」
娘「ウサギさん(近所で飼っている家がある)のところ」
義母「ウサギさん、小屋の戸閉めてるんじゃないの?」
(せっかく行っても見られないよ、意味無いよ、みたいな感じ?)

こういうやりとり、外に出ようとすると毎回なんです。
さあ行こう!と張り切っているところに、
やれ
「今日は寒い」
「公園はぐちゃぐちゃでダメだ」
「風が強い」
「雨が降ってる」
「雪が降ってる」

ふん!ほっとけ!子どもたちが行きたいと言っていて、付き添いの私がいいと言ってるんだから、いいんだよ!私の子どもだ。私のやり方でやらせてもらうよ!
って、思えればいいんですが、思えません。

悪条件の中で外に出られることが分かれば、今後、私が忙しくてつき合えない時は、義父母に付き添えと子どもは言いに行くでしょう。
子どもにぐずられるのがもっとも忌み嫌うものだという考えの義父母は、悪条件の中、外に出なくてはならなくなるのです。
私が、私の判断だけで散歩に連れ出すことは、いずれ義父母に迷惑をかける元になる可能性があるのです。

以前は、雨の日に外に出て、傘さしたりして雨を体験するのも楽しい散歩、と思っていたけれど、今は、迷惑の元だから行けない散歩、に変わってしまいました。

何気ない義母の一言一言は、私のおもりになっていきます。

人によっては、
「おもりなんてとんでもない!
なんと思いやりのある義父母だ!
こういう言葉は、孫の事を愛し心配してくれている証拠だ。
ありがたいと思いなさい。」
とおっしゃる方もいるでしょう。
その通りです。
でも、私は素直に「ありがたい」とだけは思えない。

そんなに私の判断(こういう気候の時には、どういう格好をさせて、どこへ連れて行くなど)は信用できないのか…、とも思ってしまう。

人間が未熟な証拠、だとは思うけれど。
【2007/04/03 17:44】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の鉄道ファン
横で、でんしゃの写真がたくさん乗っている絵本のお気に入りのページを開き
♪かもつ、み~た、かもつ、み~た、かもしか~!
などと自作即興の歌を歌いながらご機嫌な我が家の鉄道(特に貨物)ファン(1歳11ヵ月)。

最近色々覚えてきて、
数字を見ると、「いちにーさん。」
アルファベットを見ると「えーびーしー」

なのに、何故かひらがなを見ると
「まみむめも~」

なんで「あいうえお」じゃないんだ??

おもしろい。
【2007/04/02 09:33】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手作り
そろそろ、今使っている化粧水がなくなる。
化粧水は、夫もなんとなく私が買うのを使っているのだが、
「次は、Yahoo!の広告で見た、男性用化粧水を使ってみたい!」
と言い始めた。
(シャンプーや歯磨き粉やボディーソープなどは各々で選んで買っている。夫は、市販の、よく普及している、普通の値段のものを選ぶのだが、すごく時間をかけて色々な商品を手にとって説明を読んだり値段をみたりして選んでいるので、オシャレにも美容にも興味ないようで、こだわりはあるのだろう。)
もちろん女性も使ってOKの商品だけれど、私が選んでいたものに比べて高い(倍くらい!)ので、どうしても使ってみたいと選んだ夫がちまちま使ってくれた方が経済的だな、と、別の物を使うことにした。
さて、何を使おうかな、と思ったところで、手作り、が思い浮かんだ。
材料は、実はほぼ家にあるので、このまま使用期限を過ぎさせるよりは、ここで使ってみようかな、と言う気になったのだ。

普通の化粧水、保湿液、なら、今家にある材料で十分だが、ここに、エッセンシャルオイルを入れたら何かオシャレでいい感じじゃない?と思いついた。
エッセンシャルオイルを入れるには、きちんと化粧水全体にまんべんなく溶かすために、アルコールが必要になる。
無水エタノールか、40度のウォッカがいいらしい。
また、水も、水道水でもいいが、精製水ならもっといい。

早速、そのふたつを求めてドラッグストアに行ってみると、まずは精製水を発見。
80円。
安い!
次に、無水エタノール発見。
1000円!
え~っ!
化粧水を買うつもりなら、まあ1000円、高くない、と思えるが、ほぼタダで作るつもりになっていたため、その1000円がものすごく高く感じる…。

お酒コーナーでウォッカを見ると、1種類しかなく、780ml入り980円。
小さいサイズで安いのもきっとあるよね、と、買わずに帰ってきたのでした。
後日、ウォッカの小さいサイズを求めてお酒コーナー巡りをするぞ!
(ネット検索したら、無水アルコールは1000円前後のものしか発見できず…。)

※相変わらず息子は、アサヒのビールを見ては
「おーーーー!ビール!ビール!」
と絶叫しておりました。
【2007/04/01 22:52】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。