スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
考えさせられる…
なんとなく、ネットを見ていたら、結構大きめの掲示板サイトに当たった。
基本的に女性がターゲット(でも、性別の制限は無し)のところ。
そこで、色々、特に同居に関する書き込みを読んだ。

その中に、

孫から見て、祖父母との同居はどうだったか?

という感じの質問が。
回答は、嫁姑の確執を目の当たりにしたり、同居のストレスを子どもに八つ当たりされて、祖父母なり、母親なりを嫌っている、というものが多かった。
中には、はっきり確執は無かったが、何かあるのを雰囲気で察し、苦しかったというものも。

でも、そういうのが無い家庭では、とても良かったという意見が多かった。
つまり、嫁である母親が、じっと耐えている家庭。
その時は分からなかったが、成長してから、母が苦労してたということに気づいた、という家庭。

やっぱり、私が耐えていれば、同居は子どもにとって天国なのだ。

それで思う。
勉強より、我慢する、耐えることを学びたかった。
我慢、耐えることは、きっと子どもの時からの経験が物を言うものだと思う。
今からだと、すごく時間がかかるよな。

笑顔で我慢。
まずは今日、あと数時間だけれど、がんばってみよう。
それで、毎日少しずつ、時間を延ばすようにしてみよう。

あ、でも明日は実家に泊まりに行くんだった!
さっそく中休み挟んじゃうな。(^_^ゞ
スポンサーサイト
【2007/06/29 17:36】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんで!?
今日もほぼ日課となっている、電車鑑賞に。
すると、奥羽本線の普通列車がやってきた。
いつもなら、
「おううほんせん、きたよ~」
と言うのに、今日は突然、ホントに突然
「おうほんきたよ~、おうほん!」
って…。
なぜ略す?
そして、その略語は誰が教えた?
君のオリジナルなのか!?

テレビを見てても、略語が実際の言葉になっちゃって浸透しているものが多いと言うことからも、日本人は、略すのが好きだとは思うけど、2歳の子どもも略すとは…。
本能?
【2007/06/28 22:53】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分て
自分って、結構我慢強い方だと思ってたんだが、同居が始まってから、ガラガラと崩れ去っていっている…。
マジメで我慢強い、以外に長所(どっちもつまんない長所だ)がなかったが、その一つも無くなった。
私の長所ってなんだろう?
まあ、マジメが残っているか…。

こんな母親で、子どもたちはかわいそうだと思うことも多くなった。
おじいちゃんおばあちゃんと父親だけに育ててもらった方が、イライラした私がそばにいない方が、きっと良い子に育つと思ったり、それはバカな考えだと思ったりの繰り返しの波。

いつになったら、こんなことを考えなくて済むようになるのかな…。
【2007/06/27 17:06】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
よく分からないが…
職業訓練に行くにあたって、幼稚園の息子のクラスの先生と少しお話して、保育園に申し込もうかと思っていることを言ったら、すごい賛成された。
やっぱキツかったんだね…。
で、早速市役所へ行ったら、
今月末までの締め切りで、来月選抜して、実際に入れるのは再来月の1日からです。
と言われた。
これって、普通なんでしょうか?
たとえば、産休や育児休業で休んでいた人が復帰するなら、日にちが分かるので、前もって申し込めていいでしょう。
でも、新たに求職活動をして働き始めたい人は、どうするの?
今出ている求人に応募して面接して合格しないと保育園は申し込めない。
採用になって、2ヵ月後から働く、なんて、ないでしょ?
だいたい、開いても来週から、来月からとかでしょう?
例えば今月の初めに採用が決まって、保育園に申し込んだら再来月からです、って言われたら、2ヵ月間どうすればいいのでしょう?
今は幼稚園もあるから、2歳以上の子ならいいでしょうけれど、2歳以下の子は?

マル福の事などに関しても、子どもに関する福祉がとっても遅れている市だとは思っていたけれど。
でも、これって実は日本全国普通のことなのかな?

上の子が保育園に入ったときは、まだこういう制度にはなってなくて、空きがあれば(しかもそのころはたまたまスカスカだった)、明日からでもどうぞ、という感じだったのに。
【2007/06/25 13:05】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
披露宴
先日ちょっと書いた、近所の、夫の幼なじみの結婚披露宴に出席した。
どうなるか不安(息子がまた半年前の披露宴同様、席に着くなりご飯を食べ始めたいとぐずらないか、騒がないか、ほとんどを会場外で過ごすことにならないか…など)だったが、1歳~2歳の半年の成長というのは大きかったようで、静かに座っていられる事が多かった。
…と言っても、大人の言うことを聞くことができるのではなく、場の、普通ではない雰囲気に圧倒されていただけだったのだが。

奥さんになられた方は、実家同士が近く(学区がとなり)、しかも、父の実家のとなりの町内。
老齢の出席者の顔を見ると、実家の方によくいる顔つきの方が多く、あ、やっぱ地域の顔つきってあるなあ、と思ったりしておもしろかった。

奥さんのお兄さんは、私の高校の1年か2年先輩だったらしく、幼なじみのAさんに、「もしかして知ってるかも?」と言われていたけれど、顔を見ても、名前を見ても、思い出せなかったので、多分知らない人だった。

披露宴の祝辞では、賛辞が並ぶのが普通。
普段の評価の3割り増し。
私の場合は、3倍増しくらいだったように思う。
が、今回の場合、奥さんの元上司の、賛辞の部分の口調がとても実感こもっていた。
本当に、そう言う人なんだろうなあ、割り増ししてないんだろうなあ…と思えるスピーチだった。

今回、初めてのパターンに出会った。
それは、司会のスタイル。
普通、披露宴の司会は、司会用のテーブルに立って、きちんきちんと進行していくが、今回は、テーブルがない。
マイクを手に持ってウロウロしながらしゃべる。
言葉も堅苦しくない感じ。
くだけたスタイル、なのだろうが、すごく違和感が…。
私は嫌いだな、、、。

また、キャンドルサービス中の音楽は、何故か生歌。
しかも、友だちとか、親戚とか、ゆかりのある、披露宴の出席者ではなさそう。
ライトも当たらないところで、カラオケで歌っている…。
なんか、半端…。
歌唱力も半端…、「生歌の演出」なら、生演奏でやらなくちゃ雰囲気は出ないでしょうに…。

同じテーブルに座った人が、「ボックス行けよ…」ってつぶやいたのはちょっと厳しい…と思ったが(私は、友人の結婚式で入場の時歌った…)、半端な印象はどうしても残った。

などなど、もう先何年も披露宴は無さそう(特に子どもと一緒の出席なんて)なので、それなりに楽しんだ披露宴だった。
疲れたけど…。
【2007/06/23 22:55】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
戸惑い…
先週の水曜日に徹夜した理由のひとつ「遅刻できない用事」とは、休職者向けの職業訓練の選考(面接、適性試験)だった。

まず、15名のコースに、50名以上はいるだろうという多数の応募者。
さすが徹夜明け、適性試験もイマイチな感じ。
面接も、希望コース名さえ、ど忘れしてまともに言えず、どういう内容のことをするか、教えてください、にも、しどろもどろ。合ってるのか合ってないのか、分からないけどと言う感じの答え…。
これだけは完璧に答えないとダメでしょう!ってとこがメロメロ…。

そこで分かった事実(最後まで受講するつもりでいてはいけない、受講が始まったら、すぐにでも就職するつもりで、求職活動をしてください、と。私の学びたい内容は、このコースの後半にあるんです…。)や、面接官の台詞などから、これは受講できないなあと感じていた。

そして、今下の子を預けているところで、なかなか慣れなくて、先生が困っている、ということを聞かされたりして、ああ、もうゆっくりやっていこう、それしかないな、と、決意を新たにしたところに、選考の結果が届いた。

…受講可。

すごく戸惑っています。
行くしかないんだけど。
あの大人数の中から15名しか選ばれないんだから、行かなくちゃ、今回選ばれなかった、次点だった人にも申し訳ない。
でも、ゆっくりやっていく、と決めた直後だったから、今度は息子に申し訳ない、という、そういう戸惑い。

が、求職しているんだから、いつ働きに出るか分からないんだし、そうなればいずれ預けて働くことになるのだから、同じ事。
職が決まったと思ってやるしかない。

とりあえず、預けるところを変えたいな、と思っている。
が、最近新聞で、預けたいところは満員御礼、とあった。
はぁ、どうなるか…。
不安で仕方ない…。
【2007/06/22 17:28】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
午前3時半
最近毎日午前3時半に息子が起きる。
で、
「お水飲みたい~。」
と言う。
で、そのお水は、テーブルまで行って飲まなくてはならないし、私が用意しなくてはダメ…。
だから、予めペットボトルに水を準備しておいてベッドで飲ませることもできないし、日替わりで夫と交代、なんてこともできない。

昨日までは、その水を飲めばまたすぐ寝たのだけれど、今日は1時間半くらい遊んで(?ほとんどぼーっとしてたようだけど)さっきまた寝た。

はぁ、眠い…。
【2007/06/22 05:35】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渡せなかった父の日…
昨日は父の日でしたね。
実家の父には、宅配手配してあったので、無事届いたと連絡があったのですが、こちらのお父さんには、昨日、渡せませんでした~。

準備はしてあったんですが、ね。
私は、就職してから、母の日、父の日にちょっとしたプレゼントをするようになり、結婚してからは、義両親にも同じようにしているのですが、お義姉さんは、そういう習慣がないようです。
結婚して最初の母の日に、お義母さんに「ありがとう!こんなのもらったの初めて!○(お義姉さんの名前)からはもらったことないから~。」と言われて知ったのです。

そんな義姉が遊びに来ていたので、まさか義姉の前で渡すわけにもいかず、帰ってから渡そうと思っていたら、いつも20時前には帰る義姉一家が、昨日はゆっくり20時半ころまでいて、それから私は息子を風呂にいれなくてはならならず、夫は娘(すでに夕方入浴済み)が「もう眠い~。」とぐずり始めたのであわてて歯磨きさせたり寝かしつけたりでバタバタしてしまい、渡せなかったのだ。

確か以前にも、義姉一家が来ていて渡し損ねた年があったような記憶が…。

先に渡しておくという手もあったのだろうけれど、義姉一家が遊びに来ると言う情報は、遊びに来る2、3時間前に知らされたのでムリ…、渡す役目(あくまで夫の父だし)の夫はすでに出勤後だったし。

まあ、遅れたからって何だかんだ言ってくる方ではないので、今日ゆっくり渡せばいいのだけれど、ね。
【2007/06/18 13:12】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天気がいいけど
家にいます。
もともとなんにも予定が無く、夫もいつもの週末通り仕事だし、そこへ義姉一家が遊びに来たので、自分たちの勝手では動きづらいし…。

良い天気だなぁ。
裏の公園へ行く道はぽっかり穴があいていて(工事中)通れないし、その道を通らないと、ものすごく遠回りしないと行けない。
そこで、庭で遊んでいたら、近所のご家族が、親子で車で遊びに行くのを数件目撃。
いつも見ないのに、こんな日に限ってなんで見ちゃうんでしょう。

なんだか、気分が上がらないわ~。
こんな気持ちなのは私だけだけど。
(子どもたちはいとこが来て楽しんでいます。)
【2007/06/17 13:52】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冷蔵庫故障
先日、うちの冷蔵庫の、自動製氷が壊れた。
その前の日まで普通にできていたのに、ある日、氷同士がくっついていた。
氷ができた後で、氷室(氷独立)の温度が高くなっていて、くっついたのか?と思い、設定温度表示を見ても、そんなことない。
あれ?きちっと閉め忘れて、その時溶けて、その後またきちんと閉まって、くっついたのかな?と思って、水タンクが空になっていたので給水し、数時間後…。
氷室を開けてみると、下の方がデッカイ一個の氷になっているではないか!
もしかして…水もれでは??
と、その一個の氷を撤去して、再び設置、少ししてから引出を開けてみると…やっぱり…、水が溜まって、その上の方がうっすら凍っている。

説明書を出して見てみたが、そんな症状に対する対処は載ってないし、きっと素人には触れないところだろうな…。
修理に出すのか…。
その間、冷蔵庫無しか…。
辛い…。

こんな程度で買い替える物でも無いし…。
と、悩んで、一応、メーカーに問い合わせもしつつ、とりあえずは普通に冷凍室にて、製氷皿で氷を作り、氷室で保存しようと製氷皿を出して、作りました。
現在の家の氷室の様子はこちら↓
ice.jpg


わかるかな?
普通の四角い氷の他にも、違う形の氷が。

家にあった製氷皿、普通のは離乳食のフリージング用に買っていた1コだけ。
あとは、ハート形のができるやつと、リンゴと洋なしの形ができるやつが1コずつ。(シャーベット作りにいいかなと思って買ってあった)
なんだか楽しい氷室になりました。
こういうのもいいかな。

製氷皿に水を張って、冷凍庫に入れるのって、絶対失敗するんです、私。
床や冷凍室が結構びちゃびちゃ!ってくらいこぼしてしまいます…。
すごい気を付けてるつもりなのに!

面倒だ~。
10年くらい前までの実家や、一人暮らしだったときは、普通にやっていたことなのにね…。
【2007/06/16 18:29】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自然が豊かな…
うちの娘が通っている幼稚園。
市内の他の幼稚園よりも郊外にあり、敷地内にも木がたくさんある。
それを、幼稚園の特色としていて、幼稚園の説明の際には毎回
「自然が豊かな…」
と言う言葉が入る。

が、私にはとても違和感がある。
だって、私は本当に自然が豊かなところに住んでいたから…。

幼稚園の敷地内の木や草が生えている面積は、ここいら一帯の中では確かにたくさん木などが生えているが、実家の庭より狭いんです!
【2007/06/15 15:35】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昼寝
今日は朝、小雨だったり、うちの前の道路が工事中で、車が自由に出入りできなかったりで、電車を見に行く散歩も、買い物などの車でのお出かけもしていなかった。
そのせいか、いや、絶対そのせいで、息子が寝ません。
いつもは、12時前後~14時くらいまで昼寝しているのですが、今日は全く寝る気配もありません!!

あああ、これから寝るんだろうな~。
今日の夜は遅そうだな~。
昼寝無しで早く寝かすようにしたいけど…ムリだろうな…。

がんばろうっと…。
【2007/06/15 13:46】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
徹夜
火曜日~水曜日にかけて、徹夜した。

火曜日、やることがあってちょっとがんばって起きていて、水曜日は朝から遅刻できない用事があり、息子を預けるためお弁当も作らなくちゃならないし、いつもより1時間早く子どもたちを幼稚園に連れて行かなくちゃならないしで、絶対寝坊できないので、徹夜を決心したのだ。

が、久しぶりにした徹夜は、キツかった…。
年齢のせいかな、やっぱり。
次の日だけでなく、今日の朝まで眠気、疲れを引きずった。

もう、やめよう…。
【2007/06/14 13:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
昨日…
義祖父の誕生日は、夫に話し、夫にケーキを買ってきてもらった。
準備も半分以上夫がやってくれた。
やっぱり義父母はめちゃめちゃ冷めていて、義父はケーキは食べたが(義母は不明)、ダイニングから出てくることもなく、ケーキのことには一切触れなかったが(子どもたちの誕生日の時は、全員リビングに集まり、子どもたちに、「しつこいよ…」と思うくらいおいしいかと尋ねるんだけど)、食べ終わった後には回覧板の話題をこちらにふってきて、想像していたよりは雰囲気は悪くはならなかった。
義祖父が満足しているのかどうかは分からないけれど、イヤなことが一つ終わって良かった…のだが、また気になることが…。

夫が小さいころ、隣に住んでいた(今は歩いて5分かからないくらいのところに引っ越している)同じ年のいわゆる幼なじみ(Aさん)がいる。
義父母とAさんの両親はしょっちゅう行き来があり、旅行にも年2~3回一緒に行く仲。
今度、Aさんが結婚することになり、披露宴がある。

夫と義両親が呼ばれるのは当たり前。
隣家だったから、義祖父も呼ばれるのだろうな、私は子どもたちと留守番だな、余裕があれば、披露援後にあるであろう親戚や近所の人の集まりの準備のお手伝いにでも行けばいいかな。

と思っていたのだが、なんと、私や子どもたちまで呼ばれてしまった。
うちの娘が、義母に連れられてしょっちゅう遊びに行っているので、きっと娘を呼びたかったんだろう。(花束贈呈やるようです)
同じく同い年の幼なじみがいるお向かいさんも、全員呼ばれているから、それに合わせたのかもしれない。
私と息子はオマケだろうな…と思いながらも、お祝い事だから、喜んででなくちゃな、と、出席するのだけれど…

先日、義祖父に
「A、嫁もらうなんて話あるの?」
って聞かれてしまいました…。
近所の人から聞いたそうです。

もうすぐなのに、今それを近所の人から聞いて知ったということは、披露宴呼ばれてないってことだよね…。

Aさん家は、おじいさんはもうおらず、おばあさんは健在なのだけれど、うちの義祖父がそのおばあさんのことを悪く言っていることがあるので、あまり仲良くないんだろうなと言う想像はできる。
けど…この家に住んでいる一人だけ呼ばないってのも…どうなの?

付き合いは私や私の子どもたちより、義祖父の方が長くて深いわけで…。
自分だけ呼ばれていないことを知ったら、義祖父はどう思うんだろう…。

そして、きっと私は聞かれるんだろうな
「お祝い渡した方がいいか。」
「渡すとすれば、いくらがいいか。(もしくは、○○円でいいか、もっと入れるべきか。)」

…はぁ。居づらい…。

私、気にしすぎなんでしょうか。
【2007/06/11 12:47】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
疲れる…
ここ数日、何にもしなくても、家にただいるだけでもの凄く疲れる。

あさって、義祖父の誕生日らしいんですが、義祖父本人から、
「あさって俺の誕生日なんだけど、ケーキ買わなくてもいいのかな?」
って聞かれました。
ここに住み始めて4年が過ぎましたが、毎年大人の誕生日に家族全員でケーキ、なんてことやったことないので、何で突然こんなことを言い出したのかがまず分かりません。
しかも、丸いバースデーケーキがご所望の様子…。

家の子たちの誕生日の時のケーキはいくらくらいかかっているのかと聞かれ、答えると、その分のお金を渡され、買ってきて、と…。
しかも、自分が依頼し、お金を渡したことは言うな、と…。

喜ぶ子どもたちと義祖父。
無反応か、小言満載の冷ややかな義父母。
(まるで自分の意志でかのように)買って来させられて準備させられ、ケーキを切り分けさせられることにより間に挟まれる自分。
無関係な夫…。
義父母、ケーキ食べないかもしれません。(そのくらい徹底して嫌っているので。)

気まずい…気まずすぎる…。
考えただけでイヤです。
もう逃げ出したい。
はぁ…。
【2007/06/08 17:47】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。