スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イライライライラ…
とにかく同居が原因のイライラが連日続く。
とりあえず解消しても、イタチごっこで、またすぐ次のイライラ原因が発生する。

今まではそのとりあえず解消方法が「食べる」ことだったので、健康に害がでそうなくらい太ってしまい(健康診断3年以上受けてない…受けないと…)、鏡を見るのもまたストレスになったため、できるだけ間食しないようにしていて、かといって、これだ!という代りのイライラ解消方法を見つけた訳でも無いので、日々溜まっていってひどい。

ネットしてると、同居の愚痴を書いている人がたくさんいて、お嫁さんも姑さんもお互いこんなに我慢して、なんで同居なんてするんだろう?同居がいいって人なんて居ないんじゃない?なんて思ったりもするけれど、よく考えると、同居がいいと思っている人は、愚痴なんて言わないし書き込まないんだよね。
ネット上や、いろんな人との会話に、同居がいいと言う人がいないのは、当たり前っちゃ、当たり前だね…。

やっぱり性格が大きいよね…。
私のように、ネガティブ頑固なのはむかないよ…。

同居がいい、と言える人がうらやましい。
スポンサーサイト
【2008/03/14 10:36】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トラブル!
息子が、何故か分からないが、娘の頭に自分がかんでいたガムを付けてしまった!!
多分、娘は自分で取ろうとしたのだろう、私の所に来たときには、ガムはぺちゃんこになって広がり、髪が絡まっている部分も…。
さて、どうするか…。

毛先なら切ってしまえば良いのかもしれないが、頭頂部に近い部分だし…。

最初に思いついたのが、冷やす!
コンクリートに落ちたガムを取るために、冷却スプレーをかけて、固めてこそげ取るとよい、ということを思い出し、でも、冷却スプレーは無いので、保冷剤を取ってきてガムに付けてみた。
でも、思うようには固まらない。

そこでまた思い出した。
ガムとチョコを同時に食べると、ガムが消える現象。
チョコの油成分が、ガムベースを溶かすという理論だった。
そこで、サラダ油をちょっと深さのある皿に入れ、そこに髪を漬けてもみもみ…。
ガムが半分以下の大きさまで小さくなったところで、タオルで油分を拭いてみたら、ガムはもうポロポロ(若干粘りはあるものの)となって、残りは手で取ることに成功。
そのあと、シャンプーして元通り!

ほっと一息。。。
【2008/03/04 16:00】 | 子どものこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
今日、義母から、ご近所のおばあちゃんについて、ちらっと話を聞いた。

「○のばあさん、うちのじいさん(昨年末に亡くなった)のこと、▲▲て言ってたのに、今、▲▲しようと言い張っているらしい。うちのじいさんのこと、あんなに言ってたのに、年取ると、自分の言ったことも忘れるんだねぇ。」

…って、故義祖父に義母が説教した内容、あんたにそのまま返してやりたいと思ったこと、たくさんあるんですけど、私…。

例えば、
「さるさるさんには、さるさるさんの(育児の)やり方があるんだよ!(余計なことをするな)」
あなた、毎日余計なことばっかりしてくれてますよね…。

「自分が親切だと思ってやっていることだって、相手にとっては迷惑ってこともあるんだから、少し考えてやれ!」
あなたのほうが、余計なお世話が多いんですけど…。

年取って忘れるんじゃなくて、自分のことは(無意識のうちに)棚に上げているんですよね。
気付けって言っても、ムリだよね…。
【2008/03/03 22:16】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近…
最近、同居嫁サイトを見つけて、掲示板をのぞきに行くようになった。
そこには、在宅介護されている方も居て、その書き込み内容が、たとえ姑の悪口であろうとも、すごいなあ、よく頑張っているなあ、ととても感心して読んでいる。

それで、思い出した話がある。

年末年始、義姉が遊びに来たときに、義母に、
「じいさん(昨年末亡くなった義祖父)最期まで母さん(義母)の邪魔していったな~。」
と言った。義母が、友人と旅行に行く予定があった数日前に亡くなって、旅行をキャンセルしたことを言っての言葉だ。
「ホントにそうだよ!」
と同意する義母。

私は、とても違和感が…。
確かに、嫁舅の確執で長い間苦しかったと思う。
顔も見るのも嫌という気持ちも分かる。
けれど、もし、義祖父が要介護状態だったら、どうだったか。
義祖父が入院中の義祖父の用足しや洗濯は、ほぼすべて義父がやっていたので、もう退職もしているし、義父中心に介護していたとしても、義父もそんなに暇ではない。家を空ける用事だってある。
そうなれば義母も義祖父を世話しなくてはいけなくなることもあっただろう。
それに、介護する義父を家に置いて、義母だけ友人と旅行なんてこともできないだろう。

義祖父は、自宅にいるときは、洗濯すら自分でしており、介助はほとんど要らない状態で、入院、10日くらい入院したところで容態が突然悪くなり、その日のうちに亡くなった。
これは、自宅で介護している人から見たら、なんて息子夫婦思いのおじいちゃんだ!と思うだろう。

たかが旅行がキャンセルになったくらい、邪魔のウチにはいらないよねぇ…と思ってしまったのだ。

でも、私は、義母と義祖父母との確執(生活ぶり)については、ここ5年分しか知らないから、張本人の義母と、確執をずっと目の当たりにしてきた義姉が、義祖父にたったこれだけのことを「邪魔した。」と言ってしまうほどのことを味わってきたのかもしれないなあと、思いを馳せるしかないのだけど。

うちの実家は、祖父母にとって母は実娘だからいいよなと思うけど、実際、要介護の祖父の介護は、100パーセント祖母がやっている。
祖父が、祖母じゃないとダメなようで。
せっかく実娘なのになあ…!?
【2008/03/01 23:51】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。