スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
考えさせられる…
なんとなく、ネットを見ていたら、結構大きめの掲示板サイトに当たった。
基本的に女性がターゲット(でも、性別の制限は無し)のところ。
そこで、色々、特に同居に関する書き込みを読んだ。

その中に、

孫から見て、祖父母との同居はどうだったか?

という感じの質問が。
回答は、嫁姑の確執を目の当たりにしたり、同居のストレスを子どもに八つ当たりされて、祖父母なり、母親なりを嫌っている、というものが多かった。
中には、はっきり確執は無かったが、何かあるのを雰囲気で察し、苦しかったというものも。

でも、そういうのが無い家庭では、とても良かったという意見が多かった。
つまり、嫁である母親が、じっと耐えている家庭。
その時は分からなかったが、成長してから、母が苦労してたということに気づいた、という家庭。

やっぱり、私が耐えていれば、同居は子どもにとって天国なのだ。

それで思う。
勉強より、我慢する、耐えることを学びたかった。
我慢、耐えることは、きっと子どもの時からの経験が物を言うものだと思う。
今からだと、すごく時間がかかるよな。

笑顔で我慢。
まずは今日、あと数時間だけれど、がんばってみよう。
それで、毎日少しずつ、時間を延ばすようにしてみよう。

あ、でも明日は実家に泊まりに行くんだった!
さっそく中休み挟んじゃうな。(^_^ゞ
スポンサーサイト
【2007/06/29 17:36】 | 同居のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<曇… | ホーム | なんで!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://saruchannel.blog74.fc2.com/tb.php/179-bfb9ed8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。